5月2日から、いよいよJAPAN JAM 2021が開催となります。コロナ禍におけるフェス開催となりますが、感染対策を万全にして、音楽を止めない、フェスを止めないという想いを持って、最高の4日間の実現を目指したいと思います。

感染対策については既に細かく伝えさせていただいておりますが、新たにスタッフの抗原検査を行うことも決定しました。参加者の皆さんの感染防止のために、運営としては出来ることは可能な限り実行していきます。

それと同時に、参加者の皆さんにも是非、感染対策にご協力いただきたいと思います。一緒にコロナ禍における感染のないフェスづくりを目指してください。感染症対策と会場内での注意事項をしっかり読み、モッシュ・ダイブなどの危険行為の禁止は無論のこと、マスクの着用、周囲との十分な距離の確保、大声での発声や会話を控えるなど、コロナ禍における当然のマナーは守っていただきたいと思います。

ステージエリア前方は定員制の指定エリアとします。ただ、このエリアは事前予約や入れ替え制とはしません。制約の多い中でも、フェスの自由の可能性を追求したいと考えています。場所取り等の残念な行為が起きた場合は、入れ替え制へと移行させていただきます。1日平均約3万7千人が参加した2019年に、各アクトの演奏開始10分前にステージエリア前方にいた方々を収容できる程度のスペースを用意しました。今年は1日1万人という規模での開催となりますので、このエリアを上手に利用していただけたら、自由で安全な形でフェスを楽しんでいただけると思います。

とても難しい状況下でのフェスとなります。主催する側も参加する皆さんも、体験したことのない形のフェスづくりへの挑戦をすることになります。望んだことではありませんが、この挑戦を乗り越えていかないと、フェスが止まったままになってしまいます。今回は音楽ファンだけでなく、社会全体が春フェスに注目することになるでしょう。その中で、参加者の皆さんと一緒に、この状況下でも安全で自由で楽しいフェスが創れることを証明したいと思います。

音楽を止めない、フェスを止めない、その想いを力にしてフェスを一緒に創ってください。蘇我で待っています。

2021年4月22日
JAPAN JAM事務局
お知らせ開催概要・注意事項チケットアクセスエリアマップ飲食出店オフィシャルグッズよくあるご質問
LINEUP
GUIDES
APP
HISTORY
CONTACT